ファッション業界に身を置きながら、他業界について思うこと

ファッション業界に身を置きながら、他業界について思うこと


専門学校や大学を卒業してアパレルの仕事に就く方はいますが、今は転職が当たり前の時代になりました。

 

20代は、他の事に見向きもせず仕事をしてきた人も、30代になるとこのまま同じ仕事を続けて行く事に疑問を持つ方はいるのではないでしょうか。
アパレル業界の仕事しか知らない人は、他業種の仕事環境や仕事内容について知らない事は多いはずです。

 

最近は異業種交流会と言って、お酒を呑みながら会話をしたり食事をする交流会は珍しくありません。

 

Wキャリアの時代に突入

長年1つの仕事をしていれば安泰な時代はありましたが、今は1つの仕事だけしか知らないと生きるには大変な時代です。

 

大変な時代だからこそ、異業種交流会に参加する事は意義がありますし、色々な業種の仕事を知る事で幅が広がります。

 

特に、30代からの転職を検討している人は、情報を知る事や自ら地道に行動する事で結果が得られる事はあります。

 

世間から見ると、アパレル業界は一見華やかに見えると言う方は多いですが、華やかでも実際は地味な事の積み重ねが多いのも事実です。

 

好きな仕事を一生涯物にできる人はほんの一握りですが、20代の内は仕事に対して挑戦したり地道に探して行く事が30代に繋がります。仕事を長く続ける為にも転職は手段として有効です。